FC2ブログ
自ら学び、自ら考える授業ができたのかな!?
 1年科目『 農業と環境 』 での学年末考査に、
「授業を通じて何を感じ、何を考え、何を学びましたか 」
出題してみました。

 下記の記述内容(抜粋)から考察しますと、
タイトルのような授業が多少なりともできたのではないかと
自分をほめてあげることにしました。


 1.生産者への思い  
  ○ 農家さんがいるから、毎日食事ができるんだ と思えるようになった。
  ○ 農家さんに感謝して、 無駄なく残さずに食べたい (2名)
  ○ 野菜をつくることの 大変さを体験 したからこそ、
    農家の人たちの すごさを実感 できた         (6名)
  ○ 春は楽しくて好きだったが、夏の作業はかなりしんどかった
    農家の人たちはすごい。
    だから農業をやる人が少なくなっているのではないか

 
 2.伝統野菜
  ○ 食の細い妹が、持ち帰った伝統野菜はたくさん食べてくれた
  ○ 普段食べている野菜とは違っていたので、とてもおいしかった。
    来年も食べたいけど、2年生にはこの授業がない・・・。


 3.収穫の喜び
  ○ 自分で育てた野菜は 買った野菜よりもおいしかった  (4名)


 4.農業を知る
  ○ 農業の素晴らしさ を知った
  ○ 農業の楽しさ を知った 


 5.食への思い
  ○ 食の大切さを学んだ      (3名)
  ○ 最近、食べ残しをする人が許せなくなってきた
  ○ 苦手だった野菜がなくなった!


 6.授業について
  ○ 貴重な体験ができた
  ○ 毎時間が充実していて、ためになった!
  ○ 日々の生活を考えさせられる 授業だった。
  ○ ”野菜も一つの生命” という一番大切なことを学んだ   (3名)



 有終の美を飾ることができて良かったです。

 改めて、計178名の生徒及び保護者、同僚の先生、江戸東京野菜関係者 ほか、
この授業を創って下さった皆様に 感謝 いたします。

         
【2018/03/11 11:49 】 | 農業教育 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<G.W.後半に定植できそうです。 | ホーム | あれから3週間が経ちました>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hirogaretsunagare.blog.fc2.com/tb.php/292-9afa6f58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |