FC2ブログ
どれを選抜しましょうか・・・?
 先日のテレビ取材の際に収穫しました 『 雑司ヶ谷かぼちゃ 』
 
  雑司ヶ谷カボチャD


 昨日、あらためて果皮を観察してみると、下記の3つの形質
大別できることが分かりました。
  
   雑司ヶ谷カボチャC
     1.果皮の 溝の数が9前後 のもの (左上方)
     2.表面が 縮緬(ちりめん)状にゴツゴツ しているもの (中央下)
     3.上記2つの 中間的 なもの (右上方)



 そこで、3つの苗を譲渡して下さった、江戸東京・伝統野菜研究会代表の
大竹道茂氏に、この南瓜の歴史について問い合わせてみると
  
   『 淀橋南瓜(菊座南瓜) 』『 居留木橋南瓜(ちりめん種) 』
    自然交雑してできた品種
  ○ 明治時代、現在の北区から豊島区あたりで栽培されていた

  
との回答をいただきました。

 
 たしかに、双方の形質が出現・確認 できます。

 ということは、未だ品種の固定化がされていない
ということでしょうか。

 
 では、3つの形質のうち、どれを選抜・採種 していけばよいのでしょうか。

 内藤かぼちゃ(菊座かぼちゃ) との 区別化を図る とすると、
類似している「 1 」 の形質は除外対象になりますね。

 今後の「江戸東京・伝統野菜研究会」の見解・判断を待つことにして、
とりあえず、3つの形質とも採種しておくことにします。

【2017/09/26 05:53 】 | 雑司ヶ谷かぼちゃ | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<日テレ『 news every. 』 にて、紹介・放映されました。 | ホーム | 全国ネットTVの取材を受けました!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://hirogaretsunagare.blog.fc2.com/tb.php/278-02810524
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |