FC2ブログ
自ら学び、自ら考える授業ができたのかな!?
 1年科目『 農業と環境 』 での学年末考査に、
「授業を通じて何を感じ、何を考え、何を学びましたか 」
出題してみました。

 下記の記述内容(抜粋)から考察しますと、
タイトルのような授業が多少なりともできたのではないかと
自分をほめてあげることにしました。


 1.生産者への思い  
  ○ 農家さんがいるから、毎日食事ができるんだ と思えるようになった。
  ○ 農家さんに感謝して、 無駄なく残さずに食べたい (2名)
  ○ 野菜をつくることの 大変さを体験 したからこそ、
    農家の人たちの すごさを実感 できた         (6名)
  ○ 春は楽しくて好きだったが、夏の作業はかなりしんどかった
    農家の人たちはすごい。
    だから農業をやる人が少なくなっているのではないか

 
 2.伝統野菜
  ○ 食の細い妹が、持ち帰った伝統野菜はたくさん食べてくれた
  ○ 普段食べている野菜とは違っていたので、とてもおいしかった。
    来年も食べたいけど、2年生にはこの授業がない・・・。


 3.収穫の喜び
  ○ 自分で育てた野菜は 買った野菜よりもおいしかった  (4名)


 4.農業を知る
  ○ 農業の素晴らしさ を知った
  ○ 農業の楽しさ を知った 


 5.食への思い
  ○ 食の大切さを学んだ      (3名)
  ○ 最近、食べ残しをする人が許せなくなってきた
  ○ 苦手だった野菜がなくなった!


 6.授業について
  ○ 貴重な体験ができた
  ○ 毎時間が充実していて、ためになった!
  ○ 日々の生活を考えさせられる 授業だった。
  ○ ”野菜も一つの生命” という一番大切なことを学んだ   (3名)



 有終の美を飾ることができて良かったです。

 改めて、計178名の生徒及び保護者、同僚の先生、江戸東京野菜関係者 ほか、
この授業を創って下さった皆様に 感謝 いたします。

         
【2018/03/11 11:49 】 | 農業教育 | コメント(0) | トラックバック(0) |
あれから3週間が経ちました
 2月12日に 『三河島大豆』 を使って白みそを仕込んで から
約3週間( 本来は2週間後で良いようです )が経ちました。

 樽を開けてみると、見た目は 多少黄色みがかった感 はありますが、
食塩もなじんだ成果、なめらかな食感 になっているように見えました。

   三河島大豆白みそ 3週間後2
   三河島大豆白みそ 3週間後3

 香りも異臭を感じることは一切なく、ほのかな甘い香り
順調に発酵・熟成が進んでくれた ようです。

 そこで、一口なめてみると
   うま―――――――っい!

 早速樽から出して、卓上ミンサーでこしました。
作業中はずっと 白みそ独特の香り がして、
とても幸せな時間 となりました。

   白みそをミンサーでこす

 本年度「 味噌つくり 」というキーワードでお世話になった方々に
少量ではありますがフリーザーパックに詰めました。

   三河島大豆の白みそ

 
また、米麹が手に入ったら仕込んでみようと思っています。

コウジカビさん、三河島大豆さん、そして国産海塩さん 
”美味しい恵み” をありがとうございます。

【2018/03/04 07:52 】 | 三河島えだまめ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |