FC2ブログ
4月第4週の様子です
 これまでは、基本的には一つの作目について記してきましたが、
そのとき教材化している野菜の様子を
定期的に 記録していくのもよいなと思い、
今さらながらではありますが、
取り組んでみることにしました。

   川口えんどう 
      川口えんどう: 膝下くらいまで生長しました

   渡辺早生ゴボウ 子葉
      渡辺早生ゴボウ: 子葉が出揃いました

   高倉ダイコン 開花
      高倉ダイコン: 開花真っ盛りです
 
   馬込三寸にんじん とう立ち
      馬込三寸ニンジン: ようやくとう立ちしてきました

   宇奈根ネギ 開花
      宇奈根ネギ: こちらも開花真っ盛りです
 
  治助いも 芽だし
      治助いも: ようやく芽が出てきましたが、やはり・・・揃いません。

【2016/04/26 06:31 】 | 定期観察 | コメント(0) | トラックバック(0) |
なんと!発芽しました!
 『 渡辺早生ゴボウ 』 を播種してから 約1週間 が経ちましたので、
昨日、少し掘り返してみましたところ、
なんと、発芽 しているではありませんか!  
 
   渡辺早生ゴボウ 発芽
 

 これには、久しぶりに 大きな感動 を得ることができました。
ありがたいことです。

 生命ってスゴイですね。

 生徒らと共に大切に育てていきます。 
 


【2016/04/23 06:38 】 | 渡辺早生ゴボウ | コメント(0) | トラックバック(0) |
5年ぶりに『渡辺早生ゴボウ』を栽培開始!
 過日、保存している在来種の種子を見直してみたところ、
『 渡辺早生ゴボウ 』 を見つけました。
 思えば、前任校で一度栽培して以来、この5年間ずっと栽培していませんでした。

 当然のことながら、このゴボウも下記のような ストーリー を持っている
「江戸東京野菜」の一つです。

 「東京都練馬区東大泉町の渡辺正好が昭和8年(1933)に、従来より自家採種を続けてきた「滝野川種」より、早太りの系統を見い出して淘汰し、20年(1945)に完成、25年(1950)3月、名称登録第7号「渡辺早生牛芳」として名称登録品種となった。
 草型は立性、葉は豊円で6~7葉で欠刻(切れ込み)は少ない。葉柄は赤味をおび、毛棘は少ない。葉身は丸味をおびてやや小葉である。根形は首ぎわがややくびれ、胴太で尻まで肉づきがよい。
 根の太りは早く、す入りはやや早いが抽苔性はきわめて低い。8月早掘用として他の品種の追随を許さぬ早生種である。3月まき8月上旬掘りで1700kg以上の収量があり、
「中の官」より多収である。早掘りするとヒビ割れも少なく、肉質も柔らかで、アクも少なく香気に富んでいる。夏掘用品種として優秀である。また抽苔性がきわめて低いので秋まきにも適している。」  

                        渡邉正好著「蔬菜栽培技術の変遷」より 


 先日、トレンチャーで深掘りをし、施肥・畝立て後に播種しました。

   渡辺早生ごぼう 深耕

   渡辺早生ゴボウ 播種


 上記の渡辺正好氏は昨年8月に101歳で大往生を遂げられました。
発芽してくれるのであれば、翁の 遺志を尊重 して、
3年後の採種 まで活動を続けたいと思います。

 しかしながら、一般に、ゴボウの 種子寿命は2~3年 といわれています。
果たして、発芽してくれるのでしょうか。
【2016/04/19 06:25 】 | 渡辺早生ゴボウ | コメント(0) | トラックバック(0) |
『 瑞穂七色唐辛子 』 デビューしました!
  昨年1月23日号 に記しましたように、昨冬から
『 江戸東京野菜で6次産業化 』 をテーマに
チームプロジェクト学習を始めてきま した。

 昨春、タイミング良く地元JAから江戸東京野菜を使った商品開発依頼があり、
10回以上の試作失敗を経てようやく完成した 『 瑞穂七色唐辛子 』

  表ラベル
      2年生が約半年間かけてデザインしたラベルです 


 昨秋の地元イベントでの広報活動においては、
  「すぐにでも販売して欲しい。」
  「うちの店で取り扱いたい。」

との声を数多くの方からいただきました。

 今冬、町役場の担当者と協議を繰り返した結果、
本日から 地元飲食店(鉄板居酒屋)で
” ステーキ用シーズニング ” として
使っていただく運びとなりました。
  
 昨日、その店主が本校に開発商品を購入しに来て下さったのですが
その際に、
   「今回、うちで先行活用させてもらうことになったが、
    皆さんが考える以上の爆発的なヒットになる
    商品だと確信しています。」

と、大変心強いメッセージをいただきました。
 
   店主との意見交換
      店主との意見交換の様子

 
 このメッセージのように、プロジェクトチームが目指している
地元の産業振興への”起爆剤 ”

となってくれるのでしょうか。

 非常に楽しみです。


 



【2016/04/01 12:54 】 | プロジェクト研究活動 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |