FC2ブログ
花 真っ盛りです!
   宇奈根ネギ 満開
     『 宇奈根ネギ ( 世田谷区宇奈根の在来種 ) の様子です。
    市販されている長ネギよりも 葉身部(緑色部分)が軟弱 のため、
    いくつか支柱で補強しています。

   城南小松菜 満開
    『 城南小松菜 』 の様子です。
    草丈が伸びすぎて、倒伏してしまいました・・・。

   川口えんどう 満開
     『 川口えんどう 』 の様子です。
     所々、2~3cm長さの若さや も見られるようになってきました。

   高倉ダイコン 若さや
     『 高倉だいこん 』 の様子です。
     こちらは、花の盛りは過ぎ、8割以上は「 若さや 」 状態です。


 このまま順調に成長すれば、約1ヶ月後より
採種のシーズン到来 です。

【2015/04/30 06:14 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
『 川口えんどう 』 が咲き始めました
 密かに、まだか!? まだか!? と待ち望んでいました
『 川口えんどう 』 が咲き始めました。

   川口えんどう 開花A

 
 一般的に、マメ科植物 は 自家受粉 のため、
親の性質が次世代に受け継がれる可能性が高いのですが、
エンドウマメ は 完全自家受粉 なのだそうです。
すなわち、親の形質が 完全に受け継がれる のです。

 ですから、あの生物学界で有名なメンデル氏は
「 遺伝の法則 」 を見つけることができたのですね。

【2015/04/18 06:58 】 | 川口えんどう | コメント(0) | トラックバック(0) |
ようやく「高倉大根」が咲き始めました!

 先週から天候不良の日が続き、なかなか観察に行けなかったのですが、
ようやく晴天が数日続きましたので、足を運んでみましたところ、
高倉大根 が 開花 しておりました。

   高倉ダイコン 開花2



 下記の画像からもわかりますように、2本の母本の間が開いています。
実は、 昨秋に母本を5本選抜して、定植 しておいたのですが、
3本は胚軸部が軟化してしまい、最後は腐朽してしまいました。

   高倉ダイコン 開花
      母本の名残(胚軸部)がラベル左下方に見えます。



 本数が減ってしまったことは残念ではありますが、
開花した2本は
 とても生命力が強い母本である
と前向きに考え、
梅雨前後に予定される採種を楽しみにすることにします。
【2015/04/17 06:15 】 | 高倉ダイコン | コメント(0) | トラックバック(0) |
『 菊座かぼちゃ 』 を播種しました
 3月22日に播種しました 『 南瓜種 』 『 黒南瓜種 』 は、
残念ながら、一つも発芽が確認できていません・・・。


   黒南瓜 発芽せず
      播種後20日後の 『 黒南瓜種 』 の様子です


  かつて、東京で栽培されていた上記2つ以外の南瓜
 『 菊座かぼちゃ 』 は、昨年度採種しておきましたので、
先日、有志生徒らとともに播種することにしました。

   菊座かぼちゃ 播種     
       4号ポットに、3粒ずつ播種しました。



 G.W.明けには、苗の定植ができると思います。

【2015/04/13 06:05 】 | 内藤(菊座)かぼちゃ | コメント(0) | トラックバック(0) |
ようやく、「ねぎ坊主」が出揃いました!
 先日の 降雪 による影響が気になりまして、
『 宇奈根ネギ 』 の様子を見に行きましたところ、
特に被害はなく、ひと安心いたしました。


   宇奈根ネギ ねぎ坊主
     「 ねぎ坊主 」 の方も、出揃っておりました。 

 
 
 ところで、ネギの 「 筒の 内側 であるということを
ご存じでしたか。

 実は、ネギの葉って、 内側に 丸まった葉の先がつながって
円筒状になったもの
なのです。
 
 
 野菜を 食物 としてではなく、植物 としてみる と、
色々と 面白いこと が分かります。


 

【2015/04/11 05:52 】 | 宇奈根ねぎ | コメント(0) | トラックバック(0) |
『 治助いも 』 が出芽してきました
 3月22日に 種芋を定植 して約2週間が経過しました先週末に
有志生徒らともに 『 治助いも 』 の出芽調査を実施したところ、
数カ所から 出芽が確認 できました。

   治助いも 出芽1
     マルチフィルムの上から触ってみて、出芽していそうな箇所に
    穴をあけます

   治助いも 出芽2
     画像では見えにくいのですが、出芽していました。


 7月上旬の収穫 ( 予定 ) に向けて、 順調な 滑り出し です。



【2015/04/07 06:06 】 | 治助いも | コメント(0) | トラックバック(0) |
『 城南小松菜 』 と アブ

   城南小松菜 7分咲き
     『 城南小松菜 』 が 6~7分咲き程度の開花状況になりました。

 
   城南小松菜 と アブ
     近づいてみると、アブ が飛んできているではありませんか。

 
 ある農学博士によると、アブは 春先にいち早く 飛び回る昆虫で、
下記の特徴があるとのことです。
  1.黄色い花 を好む
  2.花の 種類を見分ける能力はない 
  3.遠くまで花粉を運ぶ 能力がない

 確かに、この時期に開花している花々は黄色が多く、
群生して一面に咲く 傾向がみられますよね。

 アブラナ科植物 は、まさにその代表例です。

 
 あらためて、 「 植物としての野菜 」生きる力 を実感しました。

【2015/04/06 06:20 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |