FC2ブログ
『赤昇りネギ』に会いに、茨城県に行ってきました
 過日、 『 赤昇根深太葱 』 を取り上げさせていただいたときに
茨城県に 『 赤昇りネギ(通称:赤ネギ) 』 があることを
記しました。

 そこで先日、 教え子のA君と一緒に、 茨城県に行ってきました。

 まずは、知るきっかけとなった地元のガーデンショップへ行き、
ネギ苗生産者を紹介していただきました。

 生産者宅に到着するや、すぐに 『 赤昇りネギ 』 と会う ことができました。

   『赤昇りネギ』実物
     倉庫前にあった 『 赤昇りネギ 』 とネギ苗50本です


 生産者 の方から、下記のことをお話しいただきました。
  ・ この辺では、冬ネギ ( 春まき ・ 冬どり ) のネギのことを呼んでいる。
  ・ 夏ネギ( 秋まき )よりは葉色が薄く、折れやすい。
  ・ 基本的には、分げつはしない
    ※ 『 赤昇根深太葱 』 は やや多い
  ・ 生食しても、辛みは感じない。
  ・ 加熱すると甘みがすごい と、近所の方に言われる。
  ・ 自家採種 しておらず、約10年前から 種子を購入 している。
  ・ その種子袋には、 「 合黒系 」 と記されている。
    ※ 『 赤昇根深太葱 』 は 合柄系


 その後、自家用ネギの圃場に連れて行っていただいたところ、
2割程度は抽台(とう立ち)をしていましたが、
『 赤昇根深太葱 』 の特徴 からすると、
   『 赤昇りネギ 』 = 『 赤昇根深太葱 』
と結論づけることは 難しい と考えます。

 
 とりあえず、とても 良質なネギ苗を購入 できましたので、
授業教材として栽培学習をしながら、引き続き
『 赤昇根深太葱 』 を 追いかけるロマンの旅
続けていきます。

続きを読む
【2015/03/31 05:34 】 | 砂村赤昇ねぎ | コメント(0) | トラックバック(0) |
厳しい寒さも和らぎ・・・!
 ようやく、厳しい寒さの日も終わりを告げ、この寒さを
絶えしのいだ野菜たち が、再び成長し始めました。

 『 川口えんどう 』 もその一つで、 以前に 「 誘引 」 作業
行いましたので、今回(今週初め)は 「 追肥 」 作業を
有志生徒らと行いました。

   
  川口えんどう 追肥

 

 2回目の追肥は、開花し始める頃(4月上旬)を予定しています。

【2015/03/27 05:14 】 | 川口えんどう | コメント(0) | トラックバック(0) |
『 城南小松菜 』 が開花し始めました。
   城南小松菜開花 株全体
     母本数株の様子です。 

   城南小松菜開花 花蕾
     いよいよ、開花し始めました。
 

 アブラナ科野菜は 自家不稔性 ( 同一株内の花粉では受粉しない ) の上、
仲間 ( ハクサイ ・ カブ ・ ミズナ など ) 同士で交雑しやすいのです。
 ですから、ハウス等で隔離した方がよいのですが、
本科には隔離できるような施設がないので、
本校のどこかで仲間が開花していないか
気が気ではない日々が続きます。

【2015/03/26 10:13 】 | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
『 治助いも 』 を教材にして、超浅植え栽培に挑戦!
  「 ロマンを追いかける旅 」 への旅立ち日と同じ日、
『 治助いも 』 の栽培を申し入れた 生徒らとともに
土寄せ ・ 追肥 ・ 堀り取り いらずの 浅植え栽培
挑戦してみることにしました。


   治助いも 元肥
     株間に緩効性肥料を施肥し、
    
   治助いも 定植
     頂芽を下向きにして定植後、黒マルチを掛けて完了です


 2~3週間後 には、いくつかの元気な芽が黒マルチを
突き上げてくることでしょう。
そうなりましたら、黒マルチに切れ込みを入れて、
元気な姿のお披露目です。
【2015/03/25 05:59 】 | 治助いも | コメント(0) | トラックバック(0) |
ロマンを追いかける旅 その1
  「 一粒萬倍日 」 でもある昨日、
『 ロマンを追いかける旅 』第一弾 として、
10種 の種子を 播種 いたしました。 


   浸漬後種子 砂村丸茄
     浸漬した 『 砂村丸茄 』 種子の水気をとり、いよいよ播種です

   砂村丸茄 播種後
     一粒ずつ、願いを込めて 『 砂村丸茄 』 を播種しました。 

   黒南瓜 播種
     『 黒南瓜 』 の播種の様子です。 5粒ずつにしてみました。

   黒南瓜 覆土
     最後に、覆土をして完成です。




 この旅、発芽せず して続けることはできません。

 たった一粒 でもよいのです。 

 発芽して欲しい・・・!


【2015/03/23 05:49 】 | 種子箱 | コメント(0) | トラックバック(0) |
明日は『一粒萬倍日』 願いを込めて・・・!
  「 一粒萬倍日 ( いちりゅうまんばいび ) とは、
一粒の種子をまけば万倍になって実る という意味から,
種まき や投資など、新しい物事を始めると利益が多い
とされる日を言います。
 大安にも並ぶ 大変に縁起のよい吉日 でもあります。

 その日が 明日 なのです。

 そこで、種子箱に保存されていた種子袋の中から下記の種子を選び、
今日一日水浸しておくことにしました。

    種子10種
     上段左から 「 南瓜 」 ・ 「 黒南瓜 」 ・「 冬瓜 」
     中段左から 「 砂村丸茄 」 ・ 「 西瓜 」 ・ 「 半白1号 」 ・ 「 砂丸茄種
     下段左から 「 半白1号 」 ・ 「 半白1号 」 ・ 「 冬瓜か? 」


 どの種子も 約65年前 のものですので、
発芽する可能性は 極めて低い のですが、
有志生徒らとともに
ロマンを追いかける旅 を始めることにします。


  
【2015/03/21 15:52 】 | 種子箱 | コメント(0) | トラックバック(0) |
町の「 六次産業化 」に向けて その1
 温床施設のないビニルハウスの中でも、最高温度が
30℃を越える日々が続くようになりました。 

 そこで、チームプロジェクト の主食材となる 『 内藤唐辛子 』
生産農家さんより分けていただくだけではなく、
自分たちでも昨年同様に栽培していこうということになり、
過日、チームメンバーと一緒に 播種 しました。 

   脱粒
    太くて長い果実(母本)から、種子を取り出し

   播種
    128穴のセルトレイに1粒ずつ播種しました。


 今月中には、発芽確認ができると思います。

 いよいよ、活動開始です。

【2015/03/19 06:05 】 | プロジェクト研究活動 | コメント(0) | トラックバック(0) |
『 治助いも 』 と出会うことができました!
 過日、有志生徒の一人から
  「 母の知り合いより、 『 治助いも 』 を分けていただいたので、
是非本校で栽培してみたい。」
 との申し入れがありました。
 
   20個の治助いも
      全部で19個あります。

   治助いもの大きさ
      長さが5~6cm 重さが60~70gです。


 『治助いも』 とは、 
  ・東京都西端の 奥多摩町に100年以上前から伝わる原種に近い ジャガイモ
  ・明治時代に奥多摩に住んでいた治助さんが、隣の檜原村から種芋を
   持ち帰ったのが、その名前の由来だという。
  ・4月ごろに種芋をまき、収穫は6~7月。
  ・病気に強いので育てやすい が、男爵の半分程度しか 収量があがらない
  ・みっちりとした肉質で、煮崩れしない
         (2014年5月20日 日本経済新聞夕刊より抜粋・引用)
 

 画像でも確認できると思いますが、
すでに が動きはじめている ようですので、
今週末に、生徒と定植しようと思います。


【2015/03/18 05:53 】 | 治助いも | コメント(0) | トラックバック(0) |
『 川口えんどう 』 の誘引を行いました。
 自宅庭のウメもようやく開花し始め、陽気も暖かくなってきました。
そこで、先週末に有志生徒らとともに、誘引作業 を行いました。

   自宅の梅
      実ウメで、品種は 『 豊後 』 です。

  
   防寒対策作業
    1月17日に行った、防寒対策作業の様子です。
    

   防寒対策 終了
    2L容量のペットボトルを活用しました。


   誘引作業
    ペットボトルを外した後、結束器で左右の支柱に誘引しました。

   誘引作業後の様子
    誘引作業後の様子です。


 これから日に日に暖かくなり、 『 川口えんどう 』 のつるも 一気に
伸長してくる
と思います。
 そうなれば、自身でネットに絡んでくれることでしょう。

5月 に迎えるであろう 「 収穫 」 が楽しみ です。

【2015/03/17 06:23 】 | 川口えんどう | コメント(0) | トラックバック(0) |
『 三河島枝豆 』 の多収を目指して(播種) 
 昨秋に 『 日の出町大豆 』 で試験栽培した育苗方法が
多収量 につながりましたので、今春は 『 三河島枝豆 』 にも
活用してみることにしました。


   播種
    2cm程度の用土を敷いた上に、5列に播種し

   白布かぶせ
    発芽確認後に覆土を外しやすいように、布をかぶせ

   覆土
    白布の上から、2cm程度の覆土をして終了です。


 約5日後 の 発芽観察 と 緑化処理 が楽しみです。
【2015/03/16 05:05 】 | 三河島えだまめ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ