FC2ブログ
『沢庵漬け』の試食レポート結果です。
 1月15日に樽出しした 「昔ながらの沢庵漬け」を持ち帰って
家族にも試食していただき、レポート(回答率:72.2%)に
まとめてもらいました。

 
1.生徒の主な意見
 ○食べてみたら、とても美味しかった。
 ○すぐに食べきってしまった。
 ○持ち帰った当日は美味しかったけど、翌日に食べたら味が落ちた (同様1名)
 ○米ぬかのにおいが苦手
 ○噛みごたえがあった。 (同様意見1名)
 ○市販品よりもさっぱりとしていて、とても食べやすかった
 ○塩辛い。 (同様意見6名)
 ○良い塩加減だった (同様意見1名)
 ○少し苦かった (同様意見3名)
 ○甘い沢庵漬けの方がすき
 ○色も健康的で良かった


2.保護者ほかの意見
 ○市販品よりも食感が良かった。 (同様意見3名)
 ○市販品よりも甘くなく美味しい。 (同様意見2名)
 ○良い塩加減でした。
 ○とても美味しい。また食べたい (同様意見1名)
 ○添加物のない沢庵漬けは後味が良く、美味だった。
 ○素朴な味で美味しかったです (同様意見1名)
 ○「久々にこの味が食べられて嬉しい」と、祖父母がとてもよろこんでくれた
 ○少し塩辛い (同様意見4名)
 ○もう少し甘くても良い (同様意見1名)
 ○ご飯に合う (同様意見1名)
 ○大根本来の甘み・辛みがあって美味しい (同様意見1名)
 ○市販品の方が良い
 ○手作り感がよい
 ○何かが足りない

3.市販品よりも割高ですが?
 購入したい        ・・・ 12(46.2%) 
 市販品(普及種)でよい ・・・ 14(53.8%)


 
 市販品の多くが、食べやすく(塩辛さを感じないように)
そして日持ち(変色や腐敗などの抑制)が良くなるようにと
数種類の食品添加物を使用しています。

 それらの漬け物に食べ慣れている私たち。
上記のレポートから、赤字のような感想があがってくるのは
ごく自然のことと思います。

 そんな中において、紫字の感想に注目しました。
化学調味料を使用すると、口の中に多少のねっとり感が残ると
聞いたことがあります。
今回製造した沢庵漬けには使用していません。
だから、「さっぱり」「後味が良く」「素朴な味」との感想を
持っていただけたのだと思います。
逆に、後味が残らなくて「何かが足りない」との感想にも
つながったのだと考えます。

 過日の授業において、『今回のレポート結果・考察』と
『多くの漬け物に数種類の食品添加物が使用されている理由』
について、学習を深めました。
学期末にはどのような今まで通り授業ノートを回収する予定です。
どのような「食育」効果があったのか楽しみです。


【2014/02/16 10:35 】 | 沢庵漬け | コメント(0) | トラックバック(0) |
3品種のダイコンで 『べったら漬け』づくり! その2
 三種のだいこんを、下漬け(塩漬け)してから一週間が経過しましたので、
下漬け時に仕込んだ「自校製の甘酒」と白ザラメ糖を使って
本漬けを行いました。


 本漬け(並べ)
  『志村みの早生だいこん』を、隙間なく並べてます


 本漬け3
  甘酒と白粗目糖を混ぜあわせた漬け液を入れ、平らにならします    

 
 本漬け4
  最後に、空気が入らないように封をし、重しをのせます

 
 今月末に、好適な漬け具合を迎えると思います。
3種類のダイコンの「風味」・「食感」に
どのような相違が見られるのか
有志の生徒たちともども、とても楽しみです。

 

【2014/02/15 17:52 】 | べったら漬 | コメント(0) | トラックバック(0) |
3品種のダイコンで 『べったら漬け』づくり! その1
 昨年、9月30日に播種した

  『志村みの早生だいこん(現在の板橋区)』
  『伝統大蔵だいこん(現在の世田谷区)』
  『高倉だいこん(現在の八王子市)』


の三種類のダイコンがようやく収穫できそうな太さになりましたので、
『べったら漬け』にして比較してみようと、
有志生徒らとともに下漬けを行いました。


ダイコン3品種
    「高倉だいこん」  「伝統大蔵だいこん」   「志村みの早生だいこん」



続きを読む
【2014/02/07 06:02 】 | べったら漬 | コメント(0) | トラックバック(0) |
第3の教材は見つかるか!? その2
 本校のある生徒より、
「祖父が本校近くで甘藷(さつまいも)を栽培している。」
との情報が入りましたので、
早速祖父宅を紹介していただき、
訪問してお話を聞かせていただきました。


伺ったお話の概要は下記の通りです。
  
 ○約60年前の曾祖父の代までは
  
『紅赤(金時)』を栽培していたが、
   「栽培しにくい」 ・ 「収量が上がらない」 などの理由で
   栽培されなくなった
 ○味は間違いなく美味しかった
 ○自分の世代になってからは、一回も栽培したことがない
 ○この地域(東部)では栽培していないが、
   農地面積が広い西部地域では可能性が0ではないかもしれない


 まだ、可能性がなくなったわけではありません。
決してあきらめることなく、
第3の教材化を目指して、
地道に努めていきます。
 



【2014/02/06 11:49 】 | 農業教育 | コメント(0) | トラックバック(0) |
伝統小松菜を試食してもらいました。


JA東京中央会が認証している33種類の「江戸東京野菜」の一つ、
『後関晩成小松菜(伝統小松菜)』です。

   後関晩成 1


 江戸時代初期に選抜された品種です。
食感良く、味も濃く深いのですが、
束ねようとすると折れやすいという弱点を持ち合わせます。

 ですから、現在普及している小松菜は
中国野菜の「チンゲンサイ」と掛け合わせることにより、
折れにくいように品種改良されています。

 このような、伝統ある小松菜を
これまでのように収穫し持ち帰ってもらい、
試食レポート(回答率:72.2%)を書いてもらいました。

続きを読む
【2014/02/02 18:27 】 | その他の作目 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |