FC2ブログ
なんて心優しいのだろうか・・・
 一週間前くらいだと思います。
 学校長から、下記のような報告を受けました。

   昨年度、先生がご指導された生徒が ” 最優秀賞 ” を受賞 した
   「都立高校生プレゼンテーションコンテスト」が
   本年度から開催されなくなりました。
   先生はもとより、生徒らも連覇目指して頑張ってきていたでしょうから
   本当に残念なことです。



 このことを、いつどのタイミングでプロジェクト研究生徒らに
伝えようか迷いながらも、活動日に伝えてみると、

   私たちには、
   学校農業クラブ活動の一環で、都道府県単位から全国大会まである
   ” プロジェクト発表会 ”という活動の成果を発表できる場があるけど、
   普通高校の生徒はこれで発表の場を失うことになる でしょ。
   だから、普通高校生だけを対象にしたプレゼンテーションコンテストを
   開催してくださいって教育委員会に投書しようと思います。
    去年の秋に 最優秀賞を獲った私たちの言葉 だからこそ、
   きっと耳を傾けてくれると思うんです。
  

それはそれは、心温まる反応 が返ってきたのです。
正直、この反応にはびっくりしました。

 
 受賞した生徒たちは、私が想像する以上の”何か”を得ていた のですね。
その何かを、より多くの人に得てほしい のですね。
 
 

 チャンスをつかんだ 生徒って、本当に心優しい ですね。


【2018/05/19 10:32 】 | 農業教育 | コメント(0) | トラックバック(0) |
自ら学び、自ら考える授業ができたのかな!?
 1年科目『 農業と環境 』 での学年末考査に、
「授業を通じて何を感じ、何を考え、何を学びましたか 」
出題してみました。

 下記の記述内容(抜粋)から考察しますと、
タイトルのような授業が多少なりともできたのではないかと
自分をほめてあげることにしました。


 1.生産者への思い  
  ○ 農家さんがいるから、毎日食事ができるんだ と思えるようになった。
  ○ 農家さんに感謝して、 無駄なく残さずに食べたい (2名)
  ○ 野菜をつくることの 大変さを体験 したからこそ、
    農家の人たちの すごさを実感 できた         (6名)
  ○ 春は楽しくて好きだったが、夏の作業はかなりしんどかった
    農家の人たちはすごい。
    だから農業をやる人が少なくなっているのではないか

 
 2.伝統野菜
  ○ 食の細い妹が、持ち帰った伝統野菜はたくさん食べてくれた
  ○ 普段食べている野菜とは違っていたので、とてもおいしかった。
    来年も食べたいけど、2年生にはこの授業がない・・・。


 3.収穫の喜び
  ○ 自分で育てた野菜は 買った野菜よりもおいしかった  (4名)


 4.農業を知る
  ○ 農業の素晴らしさ を知った
  ○ 農業の楽しさ を知った 


 5.食への思い
  ○ 食の大切さを学んだ      (3名)
  ○ 最近、食べ残しをする人が許せなくなってきた
  ○ 苦手だった野菜がなくなった!


 6.授業について
  ○ 貴重な体験ができた
  ○ 毎時間が充実していて、ためになった!
  ○ 日々の生活を考えさせられる 授業だった。
  ○ ”野菜も一つの生命” という一番大切なことを学んだ   (3名)



 有終の美を飾ることができて良かったです。

 改めて、計178名の生徒及び保護者、同僚の先生、江戸東京野菜関係者 ほか、
この授業を創って下さった皆様に 感謝 いたします。

         
【2018/03/11 11:49 】 | 農業教育 | コメント(0) | トラックバック(0) |
全国ネットTVの取材を受けました!
先週木曜日の昼休みのことです。突然TV局から電話があり、
   「 雑司ヶ谷かぼちゃ をテーマに、来週水曜日に放映したいので、
    急ではありますが、明日撮影取材をしたい。」

との依頼が副校長経由でありました。

学校長からは
   「 全国の農業系高校でも地元の伝統野菜をテーマに研究活動をしている。
    農業教育を 幅広く知っていただく良い機会 になる。 」

とのお言葉もありましたので、
取材をお受けすることにしました。


  
   TV取材様子6
   テレビ取材様子2
     収穫の様子から撮影が始まりました。

   雑司ヶ谷かぼちゃ 収穫
     大小様々なカボチャを、11個収穫しました。 
     
   テレビ取材様子4
      『 内藤唐辛子 』 の収穫も撮影対象になりました 

   テレビ取材様子5
     メンバー個々へのインタビュー取材もありました。


 TV局と本校との契約上「 局名 」や「 番組名 」など
事前公示出来ないのは残念なことではありますが、
来週 27日水曜日の午後6時過ぎ より、
ある帯番組の定設コーナー で放映される予定です。

     

【2017/09/24 11:39 】 | 農業教育 | コメント(0) | トラックバック(0) |
あきらめずに歩み続けます
  今年度、一学年科目『 農業と環境 』で栽培した伝統野菜を 保護者に
試食
してもらったところ(生徒レポートと併せて回答)、
下記のようになりました。 

「 三河島枝豆 」 は、市販品よりも割高ですが?
  ○購入したい         ・・・ 11名(50.0%)  
  ○市販品(普及種)でよい ・・・ 11名(50.0%)
  
「 高倉ダイコン 」 は、市販品よりも割高ですが?
  ○購入したい         ・・・ 15名(42.8%)  
  ○市販品(普及種)でよい ・・・ 17名(48.6%)
  ○無回答           ・・・  3名( 8.6%)

「 伝統大蔵大根 」 は、市販品よりも割高ですが?
  ○購入したい         ・・・ 19名(55.9%)  
  ○市販品(普及種)でよい ・・・ 15名(44.1%)
  
「 下山千歳白菜 」 は、市販品よりも割高ですが?
  ○宇奈根ねぎ を購入したい ・・・ 18名(64.3%)  
  ○市販品(普及種)でよい  ・・・ 10名(35.7%)

「 宇奈根ネギ 」 は、市販品よりも割高ですが?
  ○購入したい         ・・・ 18名(69.2%)  
  ○市販品(普及種)でよい ・・・  8名(30.8%)

「 城南小松菜 」 は、市販品よりも割高ですが?
  ○購入したい        ・・・ 12名(38.7%)  
  ○市販品(普及種)でよい ・・・ 17名(54.8%)
  ○無回答           ・・・  2名( 6.5%)


 「 宇奈根ネギ 」や「 伝統大蔵大根 」の食感(加熱するとトロトロ!)
「 下山千歳白菜 」の大きさ(市販品の約1.5倍にも)など、
明らかな市販品(普及種)との相違点 がないと
購入したい方は多くはならないようです。

 過日の新聞(2017.3.24 東京)に、 国内農家における農薬の量や
生産管理の徹底に関する 国際認証の取得がなかなか進まない理由 の一つに、
 「 日本の消費者で生産過程を気にする人は少なく、安いものを選びがち。
  取得費用を価格に転嫁できない 」

ことが記されていました。

 同じ論理なのでしょうか。

 
 伝統野菜の持つ「 野菜本来の風味 」や「 生物多様性(種の保存) 」 など 
まだまだ伝え切れていないのですね。

 
 あきらめることなく、来年度も歩み続けます。

 



 
【2017/03/31 05:41 】 | 農業教育 | コメント(0) | トラックバック(0) |
幸せな一日になりました!
 新2年生によるプレゼンテーションソフトを活用した 「 プロジェクト紹介 」や
新3年生による 『 農業と環境 』 授業後に贈られた熱いメッセージなどの
勧誘努力が実りまして、
1年生3名と2年生1名を迎え入れた 計10名 での
プロジェクト研究活動が始まりました。

 心地よい 五月晴れ も手伝ったのでしょうか、
生徒ひとり一人がとても 活き活き していましたし、
何よりも、笑顔 が満ちあふれていました。


  治助いも 芽出し
     治助いも: 芽出しの様子

  馬込三寸 とう立ち誘引
     馬込三寸ニンジン: 抽台した”とう”が倒伏しないように誘引

  早稲田みょうが 遮光
     早稲田みょうが: すだれを活用した遮光実験



 とても 賑やかな プロジェクトチームになり、
新メンバー4人には感謝です。

 幸せな一日になりました。


 
【2016/05/01 06:14 】 | 農業教育 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ