FC2ブログ
今年度も『宇奈根ねぎ」が開花しました。
 2年前の秋に母本として選抜した『 宇奈根ねぎ 』
昨初夏に採種後もそのままにしておいたところ、
分げつした株が順調に生長し、
今年度も開花しました。

 宇名根ネギ2018開花

 
 実は、夏季のみ一ヶ月に一回程度に除草をするくらいで、
施肥も病害虫対策もせずにいました。
 それでも、目立った生長不良や害虫害もないことからすると、
本校の栽培環境に慣れた と考えます。

 
 本校で採種をし始めてから 4年め を迎えます。
良い種がとれそうです。

【2018/04/30 07:11 】 | 宇奈根ねぎ | コメント(0) | トラックバック(0) |
『 宇奈根ネギ 』 の栽培存続に ホッとしました
 先日、 『 宇奈根ネギ 』 生産の第一人者より連絡がありました。
それは、今冬も地元JAの直売所や大規模スーパーマーケットに
販売を始めることでした。
どうやら、大雪による被害は大きくはなかったようです。

 この被害以上に心配だったのは、
東名高速道路と外環道とのジャンクション建設によって
周辺用地が買収されてしまい、
宇奈根ネギが栽培されなくなってしまうことです。

 ついでにそのことを聞いてみましたら、
確かに来年末には 住居も農地も買収 されてしまうが、
それでも まだ農地は残る ので、
そちらで 栽培を続けていく とのことでした。

 現在の一本ネギ(根深ネギ)の主流は「 黒柄系 」 or 「 同柄系 」ですが、
この宇奈根ネギは「赤柄系」ですので、
大変貴重な品種 の一つです。

 本校でも、 教材の一つとして栽培・採種 していますが、
やはり第一人者が栽培を続けていくとの声に、
ホッと安堵の胸をなで下ろしました。
良かったです。 

 今年あたり、 「 江戸東京野菜 」に認定 されるとよいですね。
【2016/01/31 18:29 】 | 宇奈根ねぎ | コメント(0) | トラックバック(0) |
『 宇奈根ねぎ 』 の苗定植に行ってきました
 先日、世田谷区立次大夫堀公園民家園へ行き、
『 宇奈根ねぎ 』 の苗を定植してきました。

 実は、『 宇奈根ねぎ 』 の主たる生産者の畑地が
東京外かく環状道路建設の関係で、
近い将来なくなってしまうこともあり、
当園関係者にお願いして、
栽培・展示 させていただけることになったのです。

 当日はあいにくの天候不良ではありましたが、
食農研究会 ( 民家園ボランティア団体の一つ ) の方と一緒に、
比較的短時間で作業を終わらせることができました。

   宇奈根ねぎ 定植(稲わら入れ)
      土中の通気性を良くするために、稲わらを入れている様子です

 

 当園での栽培・展示を通じて、
より多くの区民(都民)の方々に 『 宇奈根ねぎ 』 を知ってもらい、
地産地消 (生産者として栽培を始め、消費者として意欲的に購入する)」の
大きなきっかけ にもなってくれるとよいと思っています。

 また一つ、
「(世田谷区内伝統野菜の) 種の保存 」 ・ 「 地域農文化の継承 」
という、追求していくべき ロマン が増えました。



続きを読む
【2015/05/19 06:14 】 | 宇奈根ねぎ | コメント(0) | トラックバック(0) |
ようやく、「ねぎ坊主」が出揃いました!
 先日の 降雪 による影響が気になりまして、
『 宇奈根ネギ 』 の様子を見に行きましたところ、
特に被害はなく、ひと安心いたしました。


   宇奈根ネギ ねぎ坊主
     「 ねぎ坊主 」 の方も、出揃っておりました。 

 
 
 ところで、ネギの 「 筒の 内側 であるということを
ご存じでしたか。

 実は、ネギの葉って、 内側に 丸まった葉の先がつながって
円筒状になったもの
なのです。
 
 
 野菜を 食物 としてではなく、植物 としてみる と、
色々と 面白いこと が分かります。


 

【2015/04/11 05:52 】 | 宇奈根ねぎ | コメント(0) | トラックバック(0) |
『 宇奈根ねぎ 』 を試食してもらいました。
   『 宇奈根ねぎ 』 とは、世田谷区宇奈根地区のある農家さんが、
50年以上前 から栽培 していた 根深ネギ です。 

 加えて、東京都内で栽培しているのは、
上記の 農家さん 本校 のみ です。

 そんな大変貴重な『 宇奈根ねぎ 』 を、生徒(37名)自身に
授業時に収穫・持ち帰ってもらい
各家庭で試食(生食・加熱調理)後にレポート(回答率:75.7%)を
書いてもらいました。
  
  

1.生徒の主な意見
  ○甘くて、トロッとしていて、美味しかった。(同様意見4名)
  ○(丸焼きにしたら)市販のネギよりも甘みを感じた。(同様意見4名)
  ○(すき焼き)に使うには、市販種でよい
  ○切ったときの香りがすごかった
  ○やわらかく、甘い。
  しかし、加熱しすぎると、とろけて無くなってしまいそう
  ○やわらかくて、食べやすい。
    ただし、折れやすかった。(同様意見2名)
  ○最高の味。甘みとトロみが市販種とは桁違いでした
  ○ネギの味が濃いように感じた。
  ○生で食べたら少し辛かったが
    焼きネギにしたらとても甘くて食べやすかった。
  ○あまり辛くなかった。(同様意見1名) 
  ○市販種よりもみずみずしい。(同様意見1名) 
  ○やわらかくて、食べやすい。

2.保護者ほかの意見
  ○甘くて、トロッとしていて、美味しかった。(同様意見2名)
  ○普通のネギと何ら変わらなかった。(同様意見2名)
  ○やわらかかった。(同様意見4名)
  ○ネギが苦手な子どもたちも食べていました
  ○(炒めたら)とても甘みが強く、すぐに(市販種との)違いが分かった。
  ○市販種の1.5倍の価格までなら、購入したい。
  ○甘かった。(同様意見2名)
  ○素材の味だけで、十分に満足できました。ごちそうさまです
  ○ねぎの風味が残っていて、美味しかった。
  ○煮ると甘みがあって。美味しかった。(同様意見1名)
  ○水分がとても多かった。(同様意見1名)
  ○苦みもなく、美味しいネギでした。
  ○子どもたちが独立して、大人だけの家族になったら求めてみたい。
    今は安価なものを求めてしまいます
  ○市販種とは違う、新鮮な味がした。
  ○市販種の方が甘く感じた。
  ○もっと欲しい
  ○薬味として食べると、甘みと苦みがあり、美味しかった。
  
  

3.市販品よりも割高ですが?
  ○宇奈根ねぎ を購入したい ・・・ 13名(46.4%)  
  ○市販品(普及種)でよい ・・・ 13名(46.4%)
  ○無回答         ・・・  2名( 7.2%)


 今回、一人1本ずつしか持ち帰らせることができなかった こともあり、
この「宇奈根ねぎ」に、それなりの価値を持ってくださった方と
そうではなかった方と 同率の評価 となりました。

 このネギの最大の特徴 は、やはり ”やわらかい” です。
それは裏を返せば、 ” 折れやすい(輸送しにくい・流通に適さない) ”
そして、 ” 加熱しすぎると、すぐに形が崩れてしまう ” です。

 ですから、このネギの特徴を より丁寧に生徒に説明 をし、
保護者の方々に理解・活用 していただく ことで、
この『宇奈根ねぎ』の 価値や評価を上げることができる 
考察できると思います。

 
 採種の関係で、次に教材として活用するのは、2年後 です。
そのときに、是非実践してみたい ですね。

【2014/11/30 06:03 】 | 宇奈根ねぎ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ