FC2ブログ
あれから3週間が経ちました
 2月12日に 『三河島大豆』 を使って白みそを仕込んで から
約3週間( 本来は2週間後で良いようです )が経ちました。

 樽を開けてみると、見た目は 多少黄色みがかった感 はありますが、
食塩もなじんだ成果、なめらかな食感 になっているように見えました。

   三河島大豆白みそ 3週間後2
   三河島大豆白みそ 3週間後3

 香りも異臭を感じることは一切なく、ほのかな甘い香り
順調に発酵・熟成が進んでくれた ようです。

 そこで、一口なめてみると
   うま―――――――っい!

 早速樽から出して、卓上ミンサーでこしました。
作業中はずっと 白みそ独特の香り がして、
とても幸せな時間 となりました。

   白みそをミンサーでこす

 本年度「 味噌つくり 」というキーワードでお世話になった方々に
少量ではありますがフリーザーパックに詰めました。

   三河島大豆の白みそ

 
また、米麹が手に入ったら仕込んでみようと思っています。

コウジカビさん、三河島大豆さん、そして国産海塩さん 
”美味しい恵み” をありがとうございます。

【2018/03/04 07:52 】 | 三河島えだまめ | コメント(0) | トラックバック(0) |
『 三河島大豆 』 で”白みそ”を仕込んでみました。
2月三連休の最終日。
ようやく、何の用事もない日ができましたので、
前からTRYしてみたいと思っていました”白みそ”
『 三河島大豆 』 で仕込んでみました。

 1.大豆を水洗後、24時間水浸する。

 2.浸漬後、大豆同士をこすり合わせ表皮を剥く。
  (繊維質の表皮はキメを荒くする一因)
   大豆の剥皮

 3.剥皮大豆を圧力鍋で約15分煮る。

 4.大豆を煮ている間に、麹をあたり鉢で破砕しておく
   (短期熟成=麹の米粒が味噌に残ってしまう)
   破砕後の米麹
       
 5.塩と混ぜて塩切麹にしておく。

 6.大豆を40℃程度まで冷まし、あたり鉢で粒がなくなるまで破砕する。
    破砕した三河島大豆
 
 7.塩切麹と合わせ、大豆の煮汁で硬さ調整をする。
    混合前の様子
 
 8.味噌玉にしてプラ樽に投げ入れ(空気を追い出す)、2週間ほど熟成
    味噌玉(白みそ)
    発酵・熟成前の様子
    雑菌繁殖予防策
      カビの繁殖予防にチューブわさび(抗菌作用)をのせました。


 最後に、器具に付着していた味噌を試食してみましたところ、
ほんのりと麹の甘みと塩味 がして、すでに 美味しい味噌 でした。

2週間後がとても楽しみになってきました。




【2018/02/13 06:27 】 | 三河島えだまめ | コメント(0) | トラックバック(0) |
今年度は大好評でした!
 今年度も「農業と環境」として 『 三河島枝豆 』 を栽培・収穫し、
試食レポートを提出してもらいました。

 下記は2014(H26)年に提出してもらった結果 です
  ○三河島枝豆を購入したい ・・・ 20名(66.7%)  
  ○市販品(普及種)でよい  ・・・  9名(30.0%)
  ○無回答            ・・・  1名( 3.3%)
    ※提出率:69.4%

 今回は・・・
  ○三河島枝豆を購入したい ・・・ 23名(74.2%)  
  ○市販品(普及種)でよい  ・・・  8名(25.8%)
  ○無回答            ・・・  0名( 0.0%)
    ※提出率:88.6%

 
 生徒及び保護者他の自由意見も
  「甘味が濃い」
  「味が濃い」
  「豆の香りが強い」
の3つに集中していました。

 加えて、具体的に収量調査はしていませんが、明らかに着果数・実入りともに良かったです。

 2014年に教材としての栽培・採種を始めて今回で4回目。
本校の圃場環境に順応してきたのでしょうか。




【2017/08/12 06:40 】 | 三河島えだまめ | コメント(0) | トラックバック(0) |
今年度は”混植”してみました。 その2
  定植48日後 ( 前回の撮影17日後 ) の様子です。


   三河島枝豆 中央区
       エダマメ中央区

   三河島枝豆 両端区
        トウモロコシ中央区

   三河島枝豆 交互区
       交互区

   三河島枝豆 全体左
       左から、 エダマメ中央区 ・ トウモロコシ中央区

   三河島枝豆 全体右
       左から、 トウモロコシ中央区 ・ 交互区

   三河島枝豆 全体
       左から、 エダマメ中央区 ・ トウモロコシ中央区 ・ 交互区



 現在のところ、トウモロコシの出穂(雄穂・雌穂)の様子からしますと、
やや エダマメ中央区 の成長の良さ がみられます。

 三河島枝豆に関しては、3試験区ともに 差違は見られません


 アワノメイガの被害 については、交互区 で一箇所確認できました。


 今後も、生徒とともに検証していきます。
【2015/06/14 06:31 】 | 三河島えだまめ | コメント(1) | トラックバック(0) |
『 青梅在来大豆 』 で、再挑戦してみることにしました。
 今春、三河島大豆 『 超多収栽培法 』 挑戦してみた のですが、
「 緑化 」 行程後の 発芽率が低く
しかも 「 断根 」 「 摘心 」 した さし穂の活着率も悪く
最終的には たった8本 の苗しか得ることができませんでした。
   
     三河島大豆 緑化苗定植
       その貴重な苗を、有志生徒らが定植している様子です
 
 
 そこで、 青梅在来大豆再挑戦 という運びになったのです。

 今回は 、「 緑化 」 行程後の覆土を若干少なめにし、
かん水も少なめにしましたところ、
ほぼ90%発芽 しました。

 その緑化苗を先週末 「 断根 」 「 摘心 」 し、
30鉢 にさし穂を行いました。

   青梅在来大豆 さし穂
   青梅在来大豆 さし穂2



 順調にいけば、一週間程度で 活着 すると思われます。

 さて、結果はいかに・・・?。

【2015/06/04 06:11 】 | 青梅在来大豆 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ