FC2ブログ
予告編が公開されました!
 過日、 『雑司ヶ谷なす』 をテーマに 撮影取材 をしていただいた、
テレビ朝日系列 『 食彩の王国 』 の放映予定まで、
いよいよ一週間を切りました。

 昨日から、予告編 も公開 されました。


 5分程度かもしれませんが、プロジェクト研究活動メンバーの活躍ぶりを
ご覧いただければ幸いです。


   
   食彩の王国 2
      神保佳永シェフと雑司ヶ谷なすの下処理をしている様子
                          
 
 

 


 

 
【2018/09/23 05:38 】 | 雑司ヶ谷なす | コメント(0) | トラックバック(0) |
『 食彩の王国 』 の撮影取材を受けました!
 先日、テレビ朝日 『 食彩の王国 』 の撮影取材を受けました。

 『雑司ヶ谷なす』 に特化した取材でした。



食彩の王国7
  「雑司ヶ谷なす」の整枝・誘引と収穫作業の様子

食彩の王国3
  種取り用のなすを見つめるゲストさん

食彩の王国4
  「早稲田みょうが」の収穫シーンも撮影しました!



 撮影取材はのべで約7時間でしたが、実際の放映に使われるのは
10分程度だそうです。
 
 それでは、9月29日(土) の放映(予定)をお楽しみに。


【2018/09/08 18:07 】 | 雑司ヶ谷なす | コメント(0) | トラックバック(0) |
お役に立てたでしょうか
 夏季休業期間に入ってから、約2週間。
全日実習を行ったり、出張に行ったり、プロジェクト研究活動を指導したりと、
とても多様な日々を過ごしてきました。

 一昨日、やっと一日まとまった時間ができましたので、
世田谷区の施設にて定植・栽培していただいている
『 雑司ヶ谷なす 』
の様子を観に行きました。

 
 一見、この猛暑にも関わらず樹勢が良いな!っと思ったのですが、
近くに寄ってよく観察してみると、整枝が行き届いていないことが
わかりました。
 
  民家園 雑司ヶ谷なす

 これでは、風通しの悪さから病虫害に遭いやすい状態 です。
次太夫堀民家園の職員の方々から許可を得た上で、
急きょ、整枝作業をさせていただくことにしました。


 諸事情で、閉園の1時間ほど前に入園したこともあり、
支柱の補強作業などが不完全ではありますが、
景観上においても見栄えの良い姿 になりました。

  民家園 雑司ヶ谷なす2

 
 個人的には、奥方の民家ともマッチして 里山の風景 が出ているようで
結構気に入っています。
 
 展示園として、多くの来園者に楽しんでいただければよいです。

   
 
 

続きを読む
【2018/08/05 07:40 】 | 雑司ヶ谷なす | コメント(0) | トラックバック(0) |
今年も選抜・種取りに務めます
 今年も、 「JA東京あおば」地域振興部の方々 から
『雑司ヶ谷なす』 の苗を譲っていただきました。

   2018雑司ヶ谷なす


 例年、教材として活用させていただく御礼の一つとして、
選抜して完熟(黄熟)後させた果実から採取した種子を
お返ししています。
 
 果実が完熟するまで、なすを作付けした畝は、
次作(秋作)の準備に入るわけにはいかず、
生産農家にとっては生産ロスにつながるとも考えられます。
 ですから、本校と「JA東京あおば」さんの管轄地域とは
かけ離れてはいますが、東京都内という観点からすると、
地域連携になっているのかなと自負しています。

 
 今年も、とても立派ななす苗を譲渡いただき、ありがとうございます。


 


  
 
 
続きを読む
【2018/05/21 06:38 】 | 雑司ヶ谷なす | コメント(0) | トラックバック(0) |
歴史的大発見か!? 『 砂村丸なす 』 が見つかりました!
 過日、世田谷区教育委員会の関係者より、
ある篤農家の蔵から 「 種箱(種子保存箱)が見つかった 」
との連絡を受けましたので、
さっそく先週、種箱に対面してきました。


   種箱2
     思ったほど、腐朽はしていませんでした。
   
   種箱
     このように、すべての引き出しに 種子が入っていました。

 

  何と、この種箱に保存されていた種子袋に
『 砂村丸なす 』 と 記されたものが2袋もあったのです。

   
   砂村丸茄 種子袋
   砂村丸茄 種子袋2
     上段左端より発見。 「 25年11月10日消印の袋に 砂村丸茄 」と表記

      
   砂村丸なす 種子袋
     こちらは、下段左から3番目より発見。 「 26年度 砂丸茄種 」と表記 


   
  江戸東京野菜に関連するホームページの多くに引用されている
『江戸・東京ゆかりの野菜と花』(JA東京中央会 企画・発行) には、
   第二次世界大 戦中 に滅んでしまった
と記されています。

 しかし、一方の種子袋には 26年 と記されています。

 そうです。 実際は、
   第2次世界大戦後、6年間も 存在 していた のです。

 
続きを読む
【2015/02/23 05:45 】 | 砂村丸なす | コメント(1) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ