FC2ブログ
種取りのロマン 最終章?
 昨日、『 雑司ヶ谷かぼちゃ 』 の収穫と選抜を
プロジェクト研究メンバーらとともに行いました。

5月3日に9株の苗を 定植 し、6月7日に 開花・人工授粉
そして定植後143日目に合計で 56個収穫 できました。

 そのうち、居木橋系と判別できる個体は15株 で、
発現率は26.8% でした。


   2018 雑司ヶ谷 選抜
     メンバーらによる、へた切り及び選抜の様子 

   2018 雑司ヶ谷 収穫・選抜結果
     左方から、内藤系10個、雑司ヶ谷系31個、居木橋系15個

   2018 居木橋系?収穫
     「 居木橋かぼちゃ 」 の候補たち



 この発現率では固定種とは言えません ので、
次年度は発現率50%以上 を目指します。 

 ですから、「種取りのロマン」は最終章ではなく、まだまだ続きます。




続きを読む
【2018/09/24 08:01 】 | 雑司ヶ谷かぼちゃ | コメント(0) | トラックバック(0) |
出・出・出現していました!
 一昨日の一学期終業式を迎えるまで、圃場観察の時間もとれないくらい
多様な日々を送っておりました。

 昨日、『 雑司ヶ谷かぼちゃ 』 の観察に行ってみますと・・・
果皮が”縮緬状”になっている個体が出現 していました!
 
  180721雑司ヶ谷南瓜 ちりめん
     待ちに待っていたこともあり、感動の対面でした!

 

 残念ながら、以前紹介させていただいた 一番最初に人工受粉を
行った個体ではありませんでした。

  180721雑司ヶ谷南瓜3
     あれから殆ど肥大しておらず、果皮が褐変化していました
 
 

 他にもないか縮緬状に出現している個体はないのか確認してみましたが、
下記のような形状ばかりでした。

  180721雑司ヶ谷南瓜
  180721雑司ヶ谷南瓜2
  180721雑司ヶ谷南瓜4
  180721雑司ヶ谷南瓜5
  180721雑司ヶ谷南瓜6


 どうやら、 8割以上が”縮緬状”を出現するようにならないと、
品種が固定したとは言えない
そうです。
一般的には、約10年かかるとのこと。

 とりあえず、一つでも出現してくれたことに 感謝 です。

 今後、一つでも多く出現 しますように。


 

 




【2018/07/22 06:27 】 | 雑司ヶ谷かぼちゃ | コメント(0) | トラックバック(0) |
終わりを告げるべきか?それとも・・・
 昨夕、6月7日に人工授精 した 『雑司ヶ谷かぼちゃ』 の様子を
観察に行きますと、無事受精したらしく肥大していました。

 しかしながら、果皮は”縮緬状”ではありませんでした。

   雑司ヶ谷かぼちゃ180617


 「種取りのロマン第2章(子づる生長~開花・受粉)」
ここで終わりを告げなければならないのでしょうか。
それとも、これから”縮緬状”に変化していくのでしょうか。


 後者であってほしい。


 




【2018/06/18 06:55 】 | 雑司ヶ谷かぼちゃ | コメント(0) | トラックバック(0) |
雌花が咲き始めました
 今週初めの朝、 『雑司ヶ谷かぼちゃ』 の様子を見に行きますと、
雌花が咲いていましたので、異株の雄花を人工授粉しました。
 
 ただ、カメラを準備しておらず、第一時限後に再度撮影に行ってみますと
下記の通り、既にしぼんでいました。

   雑司ヶ谷南瓜 雌花 
 
 昨日、関東地方は梅雨に入りましたが、随時、雌花が開花してくると思います。
次回は、開花している様子が撮影できますように。
 
【2018/06/07 14:17 】 | 雑司ヶ谷かぼちゃ | コメント(0) | トラックバック(0) |
ロマン第1章から第2章へ
 前々号に記しましたように、今月3日にプロジェクト研究生徒らとともに
『 雑司ヶ谷かぼちゃ 』 の苗を定植しました。


   雑司ヶ谷南瓜2018定植
       やや浅植え気味に定植し  

   雑司ヶ谷南瓜201防風・防寒
       活着するまでの期間、苗の四方に支柱を立て 

   雑司ヶ谷南瓜2018防風・防寒2
       用土袋を活用して、防風・防寒対策をしました


 これで、 「種取りのロマン第1章(播種~定植)」 は終了 です。
発芽率もほぼ100%と良好で、全てが順調でした。

 「第2章(子づる生長~開花・受粉)」も、順調に進んでくれますように。


【2018/05/05 07:38 】 | 雑司ヶ谷かぼちゃ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ