FC2ブログ
『赤昇りネギ』に会いに、茨城県に行ってきました
 過日、 『 赤昇根深太葱 』 を取り上げさせていただいたときに
茨城県に 『 赤昇りネギ(通称:赤ネギ) 』 があることを
記しました。

 そこで先日、 教え子のA君と一緒に、 茨城県に行ってきました。

 まずは、知るきっかけとなった地元のガーデンショップへ行き、
ネギ苗生産者を紹介していただきました。

 生産者宅に到着するや、すぐに 『 赤昇りネギ 』 と会う ことができました。

   『赤昇りネギ』実物
     倉庫前にあった 『 赤昇りネギ 』 とネギ苗50本です


 生産者 の方から、下記のことをお話しいただきました。
  ・ この辺では、冬ネギ ( 春まき ・ 冬どり ) のネギのことを呼んでいる。
  ・ 夏ネギ( 秋まき )よりは葉色が薄く、折れやすい。
  ・ 基本的には、分げつはしない
    ※ 『 赤昇根深太葱 』 は やや多い
  ・ 生食しても、辛みは感じない。
  ・ 加熱すると甘みがすごい と、近所の方に言われる。
  ・ 自家採種 しておらず、約10年前から 種子を購入 している。
  ・ その種子袋には、 「 合黒系 」 と記されている。
    ※ 『 赤昇根深太葱 』 は 合柄系


 その後、自家用ネギの圃場に連れて行っていただいたところ、
2割程度は抽台(とう立ち)をしていましたが、
『 赤昇根深太葱 』 の特徴 からすると、
   『 赤昇りネギ 』 = 『 赤昇根深太葱 』
と結論づけることは 難しい と考えます。

 
 とりあえず、とても 良質なネギ苗を購入 できましたので、
授業教材として栽培学習をしながら、引き続き
『 赤昇根深太葱 』 を 追いかけるロマンの旅
続けていきます。

続きを読む
【2015/03/31 05:34 】 | 砂村赤昇ねぎ | コメント(0) | トラックバック(0) |
種子箱第4弾 !? 『 赤昇根深太葱 』
 篤農家の蔵から見つかった 「 種子箱 」 に保管されていた
幻?の種子シリーズ第4弾です。

 それは、 『 赤昇根深太葱 』 です。

   赤昇根深 種子袋
     採種年度は、記されていません
 
 
 ネギの品種は、 「 加賀群 」「 千住群 」「 九条群 」 の3つに大別されます。
さらに千住群は、分げつ性の多少 及び 葉身部(緑色部)の葉色 により、
「 黒柄系 」「 赤柄系 」「 合柄系 (2つの中間) 」 に分類されます。

 本校図書館での文献調査より、『 赤昇根深太葱 』は、
「 千住群 ・合柄系 」 に分類されます。

 ちなみに、現在の 根深ネギの主流も 「 千住群 ・ 合柄系 」 です。

 
 『 赤昇根深太葱 』 について、10前後の文献にて調査をしてみましたが、
ほとんど記載されていません。
 ですので、分かる範囲で記してみます。

   1.春まき秋冬どり の作型に適する。
   2.軟白部は 太くて長い が、倒伏性は大きい。
   3.分げつ性はやや多い。
   4.抽台性は早い。
   5.群馬県の伝統野菜の一つ 『 石倉一本ねぎ 』 の 交配母本 である。
   6.昔から茨城県の 鬼怒川沿いで作付けられている在来種 に、
     『 赤昇りネギ ( 通称 : 赤ネギ ) 』がある。

 
 
    赤昇根深太葱 播種
      そこで、過日に播種 ( 計3トレイ ) してみました。

  

 果たして、出会うことができるのでしょうか。
 
 古種なので、気長に出会いを待つことにします。
 でも、本当はすぐにでも出会いたい・・・!

  
【2015/03/14 08:08 】 | 砂村赤昇ねぎ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |