FC2ブログ
種子箱第2弾  これらは 『 深沢南瓜 』 なのか?!
 篤農家の蔵から見つかった 「 種子箱 」 に保管されていた
種子シリーズ第2弾です。

 
 平成25年度 世田谷区立次大夫堀公園民家園企画展
『 野菜の時代 -せたがやそだちの源流- にて
配布されていたパンフレット(世田谷区教育委員会事務局 発行)には
下記のように記されています。(ふりがなのみ加筆)

   大正期の世田谷では、駒沢地区や玉川地区で生産されていた
  南瓜が最も知られており、当時は 「 深沢南瓜 」 として
  市場の人気を集めていました。
   「 深沢南瓜 」 はもともと大崎町(現品川区)発祥の
  居留木橋南瓜 が伝わったもの とされ、
  縮緬 (ちりめん) 系 のごつごつした表皮は薄い赤色で、
  日本南瓜の系統を持つ ものでした。

 
 加えて、今回見つかった種子箱を所蔵されていた篤農家でも
先代の方が栽培されていたことを
教育委員会関係者よりお聞きしています。

 
 私の知るところでは、果皮の 光沢が不良 の上、極晩生 のため、
早熟種の黒皮南瓜(日本南瓜の一種)や
西洋南瓜(現在の主流南瓜)に 栽培品種が代わられ
居留木橋南瓜 ・ 深沢南瓜 の いずれも現存していません


  深沢南瓜か? 
    「 27?年度 南瓜種 」としか表記されていません

 

  果たして、これらは 『 深沢南瓜 』 なのでしょうか。

 

 今月下旬から の播種適期が待ち遠しい限りです。


【2015/03/05 05:42 】 | 深沢かぼちゃ | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム |